fc2ブログ

原田マハ『スイート・ホーム』を読んで

原田マハの作品を、恥ずかしながら初めて読んだ。
書店の店頭で手に取って、どうしても読みたい!と思って。
夜、寝る前に少しずつ、大切に、楽しみながら。

手に取った時に予想した通り、素晴らしかった。
否、予想した以上に。

悪人が一人も出てこない。
あったかい、あったかい人たち。
あったかい、物語。

こういう小説こそが書かれるべきだ、と思う。
オススメ。



内容紹介

幸せのレシピ。
隠し味は、誰かを大切に想う気持ち――。
うつくしい高台の街にある小さな洋菓子店で繰り広げられる、
愛に満ちた家族の物語。

香田陽皆(こうだ・ひな)は、雑貨店に勤める引っ込み思案な二十八歳。
地元で愛される小さな洋菓子店「スイート・ホーム」を営む、腕利きだけれど不器用なパティシエの父、
明るい「看板娘」の母、華やかで積極的な性格の妹との四人暮らしだ。
ある男性に恋心を抱いている陽皆だが、なかなか想いを告げられず……。(「スイート・ホーム」)
料理研究家の未来と年下のスイーツ男子・辰野との切ない恋の行方(「あしたのレシピ」)、
香田一家といっしょに暮らしはじめた〝いっこおばちゃん〟が見舞われた思いがけない出来事(「希望のギフト」)など、
稀代のストーリーテラーが紡ぎあげる心温まる連作短編集

どんなに疲れて帰ってきても、仕事でうまくいかないことがあっても、
ここまで来れば、もう大丈夫。駅からバスに乗って、ふたつ目のバス停で
下りて、色づき始めた街路樹を眺めながら、甘い香りのする場所へと向かう。
そこでは、おいしいスイーツと、なごやかなパティシエ一家が、
私の到着を待っていてくれる。(本文より)
さりげない日常の中に潜む幸せを掬い上げた、心温まる連作短篇集。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

フリーエリア