fc2ブログ

生きるか死ぬか、にも発展しかねない問題でもある。

昨日の朝、駅で、「痴漢被害に遭った」と主張する女性と「やっていない」と主張する男性が言い争っている場面に遭遇した。

二人とも、20代ぐらいだったろうか。

男性のほうは30代だったかもしれない。

駅員さんが男性に「あちらで少しお話を聞かせてください」というようなことを穏やかに提案すると、男性は「そんなことやっている場合じゃない。時間がないんだ」というようなことを言いながらも、振り切って走り去るような素振りでもなかった。

無実なら、逃げないと大変なことに、そう、一生を棒に振るようなことになりますよ、ということを教えてあげたいと思いながらそのまま通り過ぎた。

その後、どうなったろうか。

無実か、事実か。

女性のほうは、怒りをあらわにしつつも、ちょっと泣きそうになっているみたいだった。

生きるか死ぬか、ほどではない問題に見えて、生きるか死ぬか、にも発展しかねない問題でもある。

平和のうちに解決を見たことを祈りたい。

(↓ご参考)



スポンサーサイト



テーマ:最近の出来事 - ジャンル:日記

フリーエリア