fc2ブログ

中島京子『ゴースト』に見る、「霊」的な題材を描くということ

夜寝る前に少しずつ読み進めて、ようやく昨夜、読了した。



中島京子は好きな作家の一人で、ほかにはもちろん『小さいおうち』、それに『長いお別れ』なども好きな作品だ。

今回読んだ『ゴースト』は、その名のとおり「」的なものを題材とした短編集なのだが、個人的には、何というか、気に入った作品と、そうでもないものとの落差がやや激しかったような気もする。

受け取り方は人それぞれかもしれない。

特に気に入ったのは「廃墟」という一編。

台湾にも行ってみたくなったし、そんな廃墟を訪ねてもみたい気にもなった。

それにつけても、「」的な題材を描くというのは難しいものなのだろうとも感じた。

眼にも見えず、聞こえもしないものを、いかに説得力を持って表現するかというのは、作家としては腕の見せ所でもあるのだろう。

作家が、楽しみながら書いているような感触もあった。

自分なら、「」を題材にしたら、何をどう描くだろう。

興味深いテーマではある。





スポンサーサイト



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

負けず嫌い、なのである。

今日、職場の人に言われた。

「毎日、一行でも二行でもいいから、書き続けることが大事」と。

そんなわけで、ほったらかしにしてあったこのブログを、久々に更新している。

書きたいことはいろいろたまっている。

ドラマの感想。

映画の感想。

日常の出来事。

目下取り組んでいる、もろもろの事どもと、その展望、などなど。

例えば、近く英語の試験を受ける予定があり、それに向けて単語を覚えたり問題集を解いたりしていること。

やはり、このシリーズがなかなかよいようではある。



新形式になってから、800点を超えるのが難しくなった。

悔しいので、ここで一気に900点超えを目指す。

負けず嫌い、なのである。

テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

フリーエリア