fc2ブログ

なぜか落語なう

よみうりホール、なう。
友人から譲られたチケットにて、なぜか落語を聞きに来ている。
生の落語は、実に約25年ぶり。
全席埋まって盛況である。
若い人もそこそこいる。
和服姿もちらほら。
さて始まり。

スポンサーサイト



テーマ:落語・演芸 - ジャンル:お笑い

愛に基づく経営理念とプロセスにおける幸福感の増大

昨日(8月11日金曜日)は、「山の日」とやらで、祝日だったようだ。
うちの職場は祝日は特に休みにはならないため、最初は気づかず、「今日はやけに電車がすいてるな。お盆だからか? しかしそれにしてもガラガラだ。まさか祝日でもあるまいし」と思っていたのだが、本当に祝日だった。
山の日」。
確かに、「海の日」はあるのだから、「山の日」だって、あって悪いわけではない。
当方としても、通勤が楽なのに越したことはないのだ。

さて、それはともかく、その祝日であった金曜の夜、職場の主催する経営セミナーに参加した。
関連の大学から講師を招き、全コースで確か計6回ぐらいだったろうか。
昨日は、その第3回目だった。

私の職場は、そのようなスタッフの能力向上のためのカリキュラムを積極的に取り入れているので、ありがたいと思っている。
今回のセミナーは自由参加で、希望すれば誰でも参加できる。
参加費もかからないが、ただ、使用するテキストが大学の講義でも実際に使われているもので、すなわち一般の書籍と比べるとなかなか値が張るため、それだけの投資をしてでも受けたいかどうか、という篩は一応ある。
夜、仕事を終えた後の2時間を、疲れた頭で受講するのも、それなりに意欲が求められる。

しかし、体力的、気力的にやや厳しいものを感じながらも、無理をしてでも参加してよかったと思える内容だった。

仕事においては、とかく、そもそもの経営理念を離れて、数字を追うことに終始しがちだが、常に経営委理念に照らして正しいかを点検せねば、世の中の人を幸福にできる仕事はできない。
さらに、幸福になるべきは、顧客だけではない。
仕事を通じて社会に貢献することで、スタッフもまた幸福感を高めていくことが大切だ。
そしてそもそもの経営理念においても、それが顧客やスタッフ、ひいては世の人々への愛に基づいたものでありたい。
数字という形で成果をあげることはもちろん必要だが、そのプロセスにおいて、自らも、共に働く仲間たちも、また顧客も、幸福感が増大していく方向で、仕事がなされていくことが大事なのだ。

と、そのようなお話だった。

成果は大事だが、プロセスも見落としてはならない。
プロセス経営理念に即したものであり、その経営理念は愛に基づいた、幸福を増大させるものであることが、数字だけでない本物の成果をあげる要諦なのだ。

たいへん学びになるセミナーだった。
次回は10月。
それまでに、自らももう少し成長していたいものだと思う。

テーマ:成功する為に必要な事 - ジャンル:ビジネス

フリーエリア