fc2ブログ

予想外に心にしみた一冊――『ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲 』感想

面白おかしいお気楽エッセイを読んで楽しもう、と思って読んだのだが、そして実際、気楽に楽しめもしたのだが、読み終えてみれば予想外に心にしみる一冊だった。

『ダーリンは70歳/高須帝国の逆襲 』(西原理恵子、高須克弥)

主に「ダーリン」側からの思いがつづられる。
お互いに伴侶(または元伴侶)を亡くし、かつ、人生の終末に近づきつつある中、性格や育った環境や味覚や、さまざまな点で異なる者同士でありながらも。寄り添うように人生を共にしている姿に心を打たれた。
いろいろな人生があり、その中で、人生を共に生きようと思える人、人生の最後をこの人と共に過ごそうと思える人との出会いは、奇跡でもあり、あるいは必然でもあるのだろう。
豪快に見える著者たちの、繊細な心の動きが垣間見られたことは収穫だった。
心温まるエッセイだった。

ちなみに、『ダーリンは70歳』自体は未読である。
そしてこの本も例によってキンドル・アンリミテッドの対象書籍だったため読んでみたのだが、実は『ダーリンは70歳』そのものなのかと誤解しての入手だった。
しかし、読んでよかった。
関連本というか、この両者の他の著書なども、いろいろ読んでみたくなった。



続きを読む»

スポンサーサイト



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

心がワクワクしてくる一冊――『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』感想

ついでに、というと変だが、『仕事は楽しいかね?』に引き続き、そのコミック版も読んでみた。
これもやはり、キンドル・アンリミテッドの読み放題の対象作品だ。

『まんがで変わる! 仕事は楽しいかね?』(デイル・ドーテン)

書籍をマンガ化しただけかな、という、少し軽く見るような気分で読み始めたが、一つのコミック作品としても十分に楽しめた。
人生に悩む32歳の女性(デザイナーになるという夢を叶えられないまま、カフェでアルバイトを続けている)を主人公に、やはりここでもしっかり「エルモア老人」は登場し、書籍版の内容に沿ってストーリーは展開する。
主人公が思いつくアイデアや、姉妹店となるカフェの店長が編み出す工夫も、意外性があるものもあれば、実際に試してみたくなるものもあって、よく練ってつくられていると感心させられた。
書籍で読んだ内容がより分かりやすく腑に落ちたのはもちろん、単なるマンガ化でなく新しい作品に生まれ変わっているところが、読んでよかったと思えた。

備忘録として、エルモア老人がアイデアを生み出す方法としてつくるように言った3つのリストは
①問題点を書き出す
②仕事上でやったミスを全部書き出す
③仕事に関してやっているすべてのことをリストアップする

であったことを付記しておく。

読んでいてワクワクできる一冊だった。
今日は仕事が休みだったので、少々だらだらと過ごしてしまったが、一日の締めくくりに、この本のおかげで気持ちが上向きになった。
明日からまた頑張ろう。



テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

フリーエリア